横浜市神奈川区の片側3車線の国道1号の交差点で6台が絡む自動車事故

《2015年6月2日/午後1時40分ごろのこと》

横浜市神奈川区を通る片側3車線の国道1号の交差点で、
右側の車線を走行していた乗用車が中央分離帯の縁石に接触した後、軽自動車に追突する事故が起きた。

追突した乗用車は、その後もさらに右折レーンで信号待ちで停車していた車に追突するなど、
合わせて6台が絡む事故に発展したとのこと。

《事故の影響によるけが人など》

この事故の影響により、20代~60代の男女6人が病院に救急搬送された。
さいわいにもいずれも軽傷で、命に別状はないという。

《今後の警察の活動など》

現在、警察は、乗用車を運転していた男性から事情聴取を行うなどして、
さらに詳しく事故の原因や経緯などの調査を行い、調べを進めている。

関連するとみられる法律など

過失運転致傷罪

自動車を運転する上で必要な注意を怠り、その影響により、人にケガを負わせた場合など、過失運転致傷罪という犯罪が成立する

刑罰・処罰など

七年以下の禁錮・懲役若しくは百万円以下の罰金
ただ、事故の状況や経緯などにより、さまざまな判決がある。
例えば、三年以下の刑を言い渡す場合など、また、そういった場合に、情状により執行猶予が付けられる場合などがある。

現場周辺(横浜市神奈川区・国道1号線近辺)

横浜市神奈川区・国道1号で6台絡む事故

ツイッター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加