特急「ワイドビューひだ17号」の車内で乗客の刃物の所持が原因で緊急停止

◆2015年7月1日/発表◆

日時:7月1日の夜(午後7時半ごろ)
場所:岐阜県のJR高山線の特急「ワイドビューひだ17号」の車内

-乗客が小型の刃物を所持-
-(別の)乗客が発見、非常ブザーを押し、列車が緊急停止するトラブルが発生-

その後、間もなく刃物を持っていた乗客は警察により保護されたという。
さいわい、けが人は出なかった。

《これまでに分かっている当時の状況など》

岐阜県下呂市のJR高山線を走行中の名古屋発高山行きの特急「ワイドビューひだ17号」の車内で、
男性の乗客が刃物を所持しているのを別の乗客が発見して非常ブザーを押した。

このため、特急は焼石駅と下呂駅の間で緊急停止。
通報で駆け付けた警察官が、刃物を所持していた乗客を保護したとのこと。
乗っていたおよそ20人の乗客にけがはなかったという。

《警察の発表》

刃物を持っており、保護されたのは=下呂市の63歳の男性。
所持していた刃物は小さいため、銃刀法違反にはあたらないという。

現在までに、男から警察が事情を聞いていますが、意味の分からないことを話しているという。

JR東海の発表によると=
このトラブルの影響により高山線は当該の特急を含めて、
上下合わせて4本の列車に最大でおよそ70分の遅れが生じたという。

ツイッター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加