【兵庫県姫路市の路上の通り魔・勝田州彦容疑者を逮捕】中学3年女子生徒が胸や腕などを刃物で刺され重傷の通り魔事件

兵庫県警は19日に、兵庫県姫路市の路上で、中学3年の女子生徒(14)が胸や腕などを刃物のようなもので刺され重傷を負った、姫路通り魔事件。

姫路通り魔事件の殺人未遂容疑で、同県加古川市平岡町新在家の無職の勝田州彦(くにひこ)容疑者(36)を逮捕したと発表。

警察の取調べなどによると、勝田州彦(くにひこ)容疑者は、
「持っていた刃物で腹部を刺したが、殺すつもりはなかった」
などと供述しており、容疑をおおむね認めているという。

【逮捕容疑】
11日の午後5時ごろのこと、姫路市車崎の路上で、
女子生徒の胸などを刃物で数回刺して重傷を負わせて、殺害しようしたとの疑い。

勝田容疑者は、
「女子生徒と面識はない」
「ナイフを使った」
などと供述、だが、ナイフなどの凶器は現在、発見されていない。

勝田容疑者は犯行当時、自転車に乗っており、現場周辺の防犯カメラに自転車の不審な男が写っていたことなどから、警察は捜査を進めており、今回の逮捕につながった。

◆今回逮捕された勝田州彦(くにひこ)容疑者には前科もあったという。

2009年ごろ、当時小学1年生だった女児を殴るなどをして重症を負わせた疑いがもたれていた。

その際、警察の調べにたいして、勝田容疑者は、
「女の子の痛がる顔を見る興奮した」
などと供述していたという。

当時の家宅捜査時に勝田容疑者の部屋からは、女児のSMビデオ(DVD)などが発見されていた。

また、勝田容疑者の、父親は警察官OBで、母親も元警察職員だったとのこと。

兵庫・姫路で中3女子を刺した容疑で36歳の男逮捕

 殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、兵庫県加古川市に住む無職・勝田州彦容疑者(36)
 勝田容疑者は、姫路市・車崎の路上で、中学3年の女子生徒(14)の胸などを刃物で数回刺した疑い。傷は肺まで達し全治1か月の重傷ですが、生徒と勝田容疑者に面識はなかったという。
 勝田容疑者は、刺したことは認める一方、「殺すつもりは全くありませんでした」と殺意を否認しているという。
 勝田容疑者は6年前にも小学1年の女の子(6)の腹を殴って重傷を負わせるなど女の子を狙った事件を起こしていて、警察は動機を捜査。

引用:TBS NEWS i

姫路の女子通り魔事件 無職の男逮捕

兵庫県姫路市車崎2の路上で11日、女子中学生(14)が胸を刃物で刺されるなどした事件で、兵庫県警捜査1課と飾磨署などは19日、殺人未遂の疑いで、加古川市の無職の男(36)を逮捕。調べに「持っていた刃物で数回刺した。殺すつもりはなかった」と供述。

引用:ヤフーニュース(神戸新聞NEXT)

現場周辺地図

ツイッター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加