東京大田区の業務スーパーで女性店員にナタを突きつけ脅迫強盗、大澤忠行容疑者を逮捕

2015年5月29日発表・東京・大田区でスーパーにナタを持って押し入り、
現金を奪おう(強盗)とした疑いで無職の男・大澤忠行=おおさわ ただゆき容疑者が逮捕された。

5月28日の午後7時すぎ、大澤忠行容疑者(61)は、
大田区の”業務用スーパー”で、女性店員(21)にナタを突き付け、
強盗だ!金を出せ!」
などと脅迫した疑いがもたれている。

脅迫された女性店員は店の奥に逃げて、警察へ通報。
その通報を受けて警察官が現場(業務用スーパー)へ駆け付けたところ、
大澤忠行容疑者がバッグにナタを入れて現場近くを歩いていたという。

警察の取調べによると、大澤忠行容疑者は、
「金がなかったのでやった」
などと供述しており、容疑を認めているとのこと。

大澤忠行容疑者の所持金は当時43円だったという。

大澤忠行容疑者を池上駅付近から乗せたタクシーの運転手は、
「(大澤容疑者が)4、5分で戻るから」
「メーター(料金)も少しサービスしてくれよ」
などと言っていたと話した。

さらに、続けて、その後に、周囲では騒ぎになっていたと話した。

強盗罪とは

暴行・脅迫を手段として相手を抵抗不能の状態に陥れ、財物または財産上不法の利益を得たり,他人をしてこれを得させることによって成立する罪

刑罰・処罰など

3年以上20年以下の懲役刑と若干幅が広く、内容(犯行内容)により変化を伴う

現場周辺(東京大田区)

大田区の業務用スーパーで女性店員にナタ突きつけ「金を出せ」

ツイッター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加