東京JR新宿駅のトイレで女性に暴行しようとした男が逃走、強姦未遂の疑いで追跡中

《東京のJR新宿駅トイレで、女性を暴行しようとした男が、11日午前11時30分現在も逃走中

【2015年5月10日・午後8時半ごろ】

東京のJR新宿駅の構内にある多目的トイレで、
「争っている音がする」
「女性がトイレで泣いている」
と、駅員から110番通報が入ったという。

警視庁が調べたところ、
20代とみられる男が、20代の女性に、トイレの中で、性的な暴行をしようとしようとしていたとのこと。

危険を感じた女性が、
「助けて」
と叫ぶと、男は女性の顔面を殴って逃走したという。

女性は、男とはインターネットを通じて知り合ったとのことで、
10日に初めて会って、お酒を飲んだあと、気分が悪くなり、男と駅のトイレに入ったところ、被害(性的暴行未遂)に遭ったという。

現在、警視庁は、婦女暴行未遂強姦未遂の疑いで、
目撃者などから、当時の現場の状況を聴き、男の行方を追っている。

ツイッター

JR新宿駅のトイレで女性を暴行しようとした男が逃走

事故(ネットを通じた出会い)について

インターネットを通じて、出会ったということだが、
昨今ではそういった出会いも普通であり、当たり前となっている。

しかし、今回の事件のようなことも十分に考えられる。
もう少しよく考えて行動していかなければならないのだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加