千葉県東金市で自転車の女子高生をひき逃げした疑いでとび職の小林直貴が出頭逮捕

◆2015年6月16日/発表◆

-13日午後11時10分ごろ・自転車に乗っていた高校3年の女子生徒(17)にトラックで衝突してそのまま逃走-

東金署は16日、自動車運転処罰法違反(過失致傷)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで住居不定=とび職の小林直貴容疑者(24)を逮捕。

警察の取調べに対して、小林容疑者は、
「電柱かと思ったが、同乗者に『自転車とぶつかった』と言われ、捕まると思い逃げた」
などと供述しており、自身の容疑を認める発言をしているとのこと。

 《逮捕容疑の詳細や当時の現場状況など》

東金市家徳の片側1車線の県道でトラックを運転中、
帰宅途中だった県内に住む女子生徒の自転車と衝突。

警察の発表によると、
生徒は左腕や左足の骨を折る重傷を負っているとのこと。

●現場は見通しの良い直線道路となり、
小林容疑者は同僚の男性と仕事先に向かう途中の事故だったという。
16日に小林容疑者は母親に伴われて出頭

現場周辺(東金氏家徳/千葉県)

千葉・東金の重傷事故 小林直貴逮捕

ツイッター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加