西千葉稲荷大明神ののぼりが焼かれる被害が続く、連続器物損壊事件として捜査

-千葉市中央区=西千葉稲荷大明神でのぼりが焼かれる-

日時:2015年7月31日/夜

「のぼりが焼かれている」
と付近に住む女性から110番通報があった。

警察によるとのぼりが一つ焼かれており、さらにのぼりを立てるためのポールが折られていたという。

この神社では、先日から(17日と26日)、のぼりが3本焼かれ、おみくじの一部が焼かれるなどの相次いだ被害が起きているとのこと。

現在、警察では同一人物の犯行とみており、
連続器物損壊事件として捜査を進めているという。

ツイッター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加