経営する美容室で大麻を栽培、常連客に譲る、森本昌人を逮捕

◆2015円年7月2日/近畿厚生局麻薬取締部神戸分室・発表◆

経営する美容室に設けた隠し部屋で大麻栽培
-神戸市垂水区の美容師・森本昌人容疑者(38)を大麻取締法違反(営利目的栽培)容疑で逮捕-

警察の取調べにたいして、森本容疑者は容疑を認めてるという。
美容室の常連客の男(37)に「おまけ」として大麻を譲ったなども供述している。

《これまでに分かっている/容疑詳細など》

森本容疑者は6月9日、同区の美容室内で、大麻草37本を栽培した疑いがもたれている。

大麻草のほか、乾燥大麻178グラムも押収。
大麻を譲られたとされる常連客の男も同法違反容疑で逮捕。

森本容疑者は約10年前に、6階建てマンション最上階の自宅を改装=美容室を開業。
その後、美容室の一角の約3平方メートルほどを壁で囲い、隠し部屋を作ったという。
その隠し部屋にて大麻草にナトリウムランプをあて育てていたとのこと。

ツイッター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加