福島鏡石町議会の副議長圓谷 寛容疑者が車で男性の足を故意にひいてケガを負わせる

◆2015年7月3日/発表◆

福島・鏡石町議会の副議長・圓谷 寛容疑者(72)
-車で男性の足を故意にひいてケガを負わせる-

警察の調べに対して、圓谷 寛容疑者は、事実無根と容疑を否認しているという。

《警察の発表や調べなど》

日時:6月11日
場所:鏡石町内のプールの駐車場
45歳の男性の足を車で故意にひいて、けがをさせた疑いが持たれている。

被害者の男性(45)は、
「タイヤがですね、半分位(足に)乗っかって、ずっとそのまま、30秒ぐらいは乗ったままで、どかしてもらえなくて」
と話した。

圓谷容疑者は、事件直前、プールでスポーツ少年団を指導していた男性とトラブルに・・・

被害者の男性は「『おめえら何考えてんだ、なんで2人しか泳いでいないのに(プールを)3レーンも使ってるんだ』とか、泣いてる子どももいましたし」と話した。

町議会議員を7期務める重鎮の逮捕について
鏡石町議会の渡辺定己議長は「(圓谷容疑者は)熱心な方でした。ただ熱心なあまり、そういうふうな暴走も、たまたまあったときもあるとみています」と話した。

ツイッター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加