静岡県浜松市社会福祉協議会職員の男をJR愛野駅-掛川駅間の電車内での痴漢行為で逮捕

2015年5月17日・掛川署は、電車内で女性会社員(35)のお尻を触ったとして、県迷惑防止条例違反の疑いで藤枝市前島=浜松市社会福祉協議会職員の男(29)を逮捕となった。

警察の調べに、男は、
「酒に酔って覚えていない」
などと供述しており、容疑を否認しているという。

男の逮捕容疑は16日の午後11時20分ごろに、
JR愛野駅-掛川駅間で走行中の電車内において、掛川市=女性会社員の尻を触った疑いがもたれている。
お尻を触られていることに気付いた女性が自らで通報したとのこと。

浜松市社会福祉協議会の池谷和宏常務理事は、
「状況が分からないので、まずは事実関係の確認に努めたい」
と述べた。

ツイッターでのお知らせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加