滋賀県長浜市港町の琵琶湖の大島漁港の突堤から飛び込み、男子高校生が溺れ死亡

◆2015年7月11日/発表◆

日時:10日/午後1時35分ごろ
場所:滋賀県長浜市港町の琵琶湖の大島漁港(JR長浜駅の南約600メートル)

-市内在住の男子高校生(16)がおぼれたと、一緒にいた友人から119番通報-

湖北地域消防本部の水難救助隊員が琵琶湖の湖底(水深約3メートル)に沈んでいた生徒を発見。
すぐに病院に搬送したが約1時間半後に死亡が確認。

高校生達は、
「暑かったから琵琶湖で遊ぼうとした」
話している。

警察の発表

同署は家族の意向を理由に生徒の名前を明らかにしていない。
死亡したのは滋賀県内の定時制高校の生徒とのこと。

市内の友人3人=いずれも(18)=と同漁港に遊びに来ていたという。

港内の突堤から約1・5メートル下の湖面に1人で飛び込んだようだ。
生徒がおぼれたのを見て、友人たちが助けようとしたが、見つからなかったという。

漁港を管理する市は事故後、防護のため突堤の入口に網を張るなどした。

ツイッター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加