オックスフォード大学の研究対象”人気ライオンセシル”を殺害のウォルターパーマー歯科医師に批判殺到

ウォルター・パーマー歯科医師=狩猟愛好家の男性が、
オックスフォード大学の研究対象でもあった人気ライオンの”セシル”を殺害したと全米が騒然となっているという。

これに対して、
”狩猟のプロを介して行なった行為で合法の上だと理解している”
とウォルター・パーマー氏はコメントを残している。

現在、ウォルター・パーマー歯科医師の頭部切断(セシルの)にたいして、
インターネット上でバッシング/講義殺到している。

だが、バッシングについても、
「やりすぎではないか?」
と問題となっているという。

また、ウィルター・パーマー歯科医師の狩猟ビジネスの影響/きっかけにキリン狩猟の女性にも批判が寄せられている。

狩猟ビジネスについての実態も問題になっているようだ。

アメリカでは人気ライオンのセシルの追悼に稀少動物保護をアピールでビルを使用した追悼も行なわれている。

ツイッター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加