堺市南区高倉台路上で軽自動車から降りてきた4,5人に突然襲われた男性(22)が左わき腹を2か所刺される

大阪府堺市で2015年5月8日深夜のこと(午後11時半ごろ)、
男性が左わき腹を2か所刺される事件が起きたという。
現在、警察が殺人未遂事件として捜査を進めている。

事件があったのは堺市南区高倉台の路上で、この付近に住む男性(22)が血を流して倒れているのが発見された。男性(22)は左わき腹を2か所刺され、また頭部も強打しており、重傷を負っていた。
その後、緊急で病院に搬送されたが、意識もしっかりしており、命に別条はないという。

男性が発見された理由に、外で大きな声がして、
それを聞いて外に出た男性の母親が、倒れている男性を見つけたとのこと。
その後に、近隣住民が119番とほぼ同時に110番通報を行ったという。

男性(22)が、友人の少年(18)と一緒にいた(別の友人を待っていた)ところに、
黒っぽい軽自動車が目の前で停車し、その軽自動車から降りてきた4~5人に突然、襲われたとのこと。

ツイッター

事件現場付近の声など

警察の調べに対して、友人の話

警察(南堺署)の調べに対して、男性と一緒にいた友人は、
「事件直前に車が突然現れ、知らない人が5人ぐらい降りてきたため身の危険を感じて逃げた」
「金は奪われていない、トラブルなど心当たりはない」
「襲ってきたのが誰だかわからない」
と話しているとのこと。

警察は、殺人未遂事件として逃げた車の行方を追っている
現場では、凶器は発見されていないという。

◆現在は、警察が犯人行方を追っているということだが、
付近に住む人達は安心できない生活になることだろう。

一刻も早く犯人を捕まえなければならない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加