埼玉・熊谷市の特別養護老人ホーム「いずみ熊谷」で職員が入所者に治療薬投与ミス

◆2015年7月4日/発表◆

埼玉・熊谷市の特別養護老人ホーム「いずみ熊谷」
入所者の女性に別の入所者用の薬を飲ませて女性が死亡

2014年12月、「いずみ熊谷」で、職員が入所者の88歳の女性に別の入所者用の治療薬などを飲ませるミスがあり、女性は3日後に死亡していたということが明らかとなった。

埼玉県はこの施設に再発を防止するよう指導しているとのこと。

動画ニュース(FNN)

ツイッター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加