大阪市立小学校の男性教諭がスーパー銭湯で男子高校生の裸を盗撮

◆2015年7月16日/大阪府警鶴見署・発表◆

-スーパー銭湯で男子高校生の裸を盗撮-

大阪府迷惑防止条例違反と児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで大阪市立小学校の男性教諭(24)=同市中央区=を書類送検

男性教諭は、警察の取調べに対して、
「男性の体にも興味があった」
などと供述しており容疑を認めているという。

さらに、
「きれいな体の男性がいたら盗撮しようと思った。盗撮したのは初めてだった」
と話した。

警察の発表による書類送検容疑など

日時:6月28日・午後7時20分ごろ
場所:鶴見区緑地公園のスーパー銭湯の脱衣所

男子高校生(16)の裸をスマートフォンで動画撮影
さらに動画を保存したとしている。

周りの客が盗撮に気付き、
従業員が110番通報。

通報により駆けつけた同署員に容疑を認めたため、
在宅で捜査していた。

市教委によると、
教諭は今年4月に採用されたばかり。

ツイッター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加