大阪府大東市平野屋廃材リサイクル会社「飯田建設工業」の倉庫から出火発生

◆2015年6月21日/発表◆

日時:21日午前7時15分ごろ
場所:大阪府大東市平野屋(JR片町線住道駅から南東約2キロの工場や住宅が混在の地域)
-廃材リサイクル会社「飯田建設工業」の倉庫から出火発生-

廃材リサイクル会社「飯田建設工業」から煙が出ていると、近所の男性から119番通報。
鉄骨平屋建ての倉庫にあった建築廃材の一部が燃えたという。

この出火は約1時間半後に鎮火。さいわいけが人はない。
大阪府警四條畷署が出火原因などを追求して詳しい調べを進めている。

《警察四条畷署の発表と調べについて》

飯田建設工業の倉庫には建築廃材や木材チップが保管されていたという。
出火当時は無人。

倉庫に設置された人感センサーが反応していないことから、
建築廃材が自然発火した可能性があるとみているとのこと。

昨年8月にも、敷地内の事務所兼倉庫約800平方メートルをほぼ全焼する火災が起こった。
このときも木材チップが自然発火した可能性が高いとみられている。

ツイッター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加