岡山県JR宇野駅付近の繁華街で暴力団組員2人が撃たれ重症、犯人は逃走中

《2015年5月23日・午前0時20分ごろ》

岡山県玉野市築港2丁目の飲食店(スナック)関係者の女性から、
「けが人がいるので来てください」
などと119番通報があった。

県警によると、
岡山県倉敷市の男性(40)と男性(34)の2人が、
スナックが入る雑居ビルの踊り場で腹部を拳銃(ピストル)で撃たれており、病院に搬送されたとのこと。

さいわい2人とも意識はあるという。

警察は、現在、殺人未遂事件として付近の聞き込みなどを行い、捜査にあたっているという。
未だ、拳銃を撃ったとみられる犯人は逃走中。

県警によると、
2人は暴力団組員で、スナック店内で複数の男性と口論になったとのこと。
外に出たところで何者かに拳銃で撃たれたとみている。

少なくとも男性は2人とも、1発ずつ撃たれており、床に銃弾が落ちていたという。
現在までに、使用されたとみられる拳銃は発見されておらず。

現場はJR宇野線宇野駅付近(北西に約230メートル)の繁華街となる。

暴力団組員2人撃たれる 岡山

県警組対2課と玉野署によると、スナックが入る雑居ビルの踊り場で、倉敷市の指定暴力団6代目山口組3代目熊本組の男性組員(34)と同市の熊本組傘下の2代目藤健興業の男性組員(40)が、いずれも腹部を拳銃で撃たれて県内の病院に搬送された。
引用:産経WEST

現場周辺(JR宇野駅付近)

ツイッター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加