大分県佐伯市の路上で帰宅途中の小学3年の女児を車に押し込む、未成年者略取と監禁致傷の疑い仲矢圭介逮捕

◆2015年7月11日/発表◆

場所:大分県佐伯市の路上
日時:1日/午後5時ごろ

-小学3年の女児(8)が男に車で連れ去られる-

県警佐伯署は10日、同市鶴岡町1の無職・仲矢圭佑(けいすけ)容疑者(23)を未成年者略取と監禁致傷の両容疑で逮捕

警察の取調べに対して、仲矢容疑者は容疑を否認している。

逮捕容疑/佐伯署の発表

帰宅中の女児を無理やり軽乗用車に押し込んで発進したという。
その後、車内に約5分間監禁。

女児が車から脱出した際、手足に約1週間のけがを負わせた。

女児は軽乗用車が約200〜300メートル先で減速したすきにドアを開けて路上に飛び降りて脱出。
近くに停車していた車の男性が逃げた軽乗用車のナンバーの一部を覚えていたという。

そのナンバーから仲矢容疑者が浮上。
今回の逮捕に至った。

ツイッター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加