放課後等デイサービス事業所クレヨンの障害のある児童を責任者が自宅に連れ犬小屋や風呂の掃除をさせる

◆2015年7月2日/発表◆

-大阪・堺市にある、障害がある児童が通う施設(放課後等デイサービス事業所クレヨン)の管理責任者の女性(51)
女子児童3人を自宅に連れて行き犬小屋や風呂の掃除をさせる-

2014年7月~10月ごろまでに複数回にわたり行なわれていたとみられている。
責任者が職員を怒鳴りつける様子を見て、児童が泣いたり、おう吐したりしていたという。

責任者は、堺市に対して、
「来たいと言ったから連れて帰った。人の家に来たら掃除をするのは当たり前で、虐待とは思っていない」
などと話しているという。

市は、事業所を半年間、新規利用者の受け入れ停止処分にしているとのこと。

女子児童3人に自宅の犬小屋や風呂掃除

ツイッター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加