《厚生労働省が記者会見予定》九州在住福岡県に住む男性がエボラ出血熱に感染している疑い

【《2015年5月18日・午前6時45分》厚生労働省がエボラ出血熱について記者会見予定】

現在、九州在住福岡県に住む40代の男性が、エボラ出血熱感染疑いがあることが分かったため発表された。

男性は西アフリカのギニアに滞在歴があり、福岡で発熱の症状を訴えたという。
現地では、エボラ患者との接触は無しとのこと。

男性は既に入院しており、念のため検査を行っている。

日本国内でエボラ熱への感染が疑われるのは、今回で7例目となる。

厚生労働省は、18日午前6時45分から記者会見を開き説明。

エボラ熱への疑いのある男性は、インフルエンザとマラリアの検査は陰性だったようだ。

問題のエボラ出血熱の検査結果は、本日18日の夜には判明する予定。

福岡の男性、エボラ疑い 感染研で検査

厚生労働省は18日、西アフリカのギニアに滞在歴があり、9日に帰国した福岡県在住の40代男性が18日未明に38度以上の熱を出し、エボラ出血熱感染の疑いがあるとして検査していると発表した。
 厚労省によると、4日までギニアに滞在。現地でエボラ熱患者との接触はないと話している。18日午前3時ごろ頭痛や背中の痛みを訴え、38・6度まで発熱した。既に福岡県内の医療機関に入院しているという。
 厚労省は男性の検体を国立感染症研究所村山庁舎(東京都武蔵村山市)に運び検査する。

引用:スポニチアネックス

西アフリカのギニアに滞在歴のある福岡県の40代の男性が発熱の症状を訴えたことが分かり、厚生労働省は念のため男性がエボラウイルスに感染しているかどうか詳しい検査を行うことにしています。男性が現地で患者と接触したという情報はないということです。
厚生労働省によりますと、17日夜、福岡県に住む40代の男性が発熱や頭痛などの症状を訴え、県内の医療機関に入院しました。男性は38度6分の熱があり、今月4日まで西アフリカのギニアに仕事で滞在し、今月9日に帰国したということです。
厚生労働省によりますと、男性が現地でエボラ出血熱の患者と接触したという情報はないということです。
厚生労働省は、念のため男性がエボラウイルスに感染しているかどうか確認するため、採取した血液を東京・武蔵村山市の国立感染症研究所に送って詳しい検査を行うことにしています。

引用:NHK NEWS WEB

九州在住の男性がエボラ熱感染の疑い 厚労省

ツイッターでの反応(エボラ出血熱)の続報を待つ声多数

エボラ出血熱について

エボラ出血熱(エボラしゅっけつねつ、米: Ebola hemorrhagic fever[† 1][† 2]; EHF)、またはエボラウイルス病(エボラウイルスびょう、英: Ebola virus disease[† 3]; EVD)[† 4]は、フィロウイルス科エボラウイルス属のウイルスを病原体とする急性ウイルス性感染症。ラッサ熱、マールブルグ病、クリミア・コンゴ出血熱と並ぶ、ウイルス性出血熱の一つ。ヒトにも感染し、50-80%という死亡率を持つ種類も存在する。救命できても重篤な後遺症を残すことがある。人類が発見したウイルスの内で最も危険なウイルスの1つである

引用:ウィキペディア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加