漢方薬の効果はいつから出る?人による相性の違いがある

漢方の効果

風邪や胃痛、頭痛など日常的に悩みを抱えるようなかかりやすい病気ってありますよね?

8種の自然系素材!漢方生薬研究所ズキラックで偏頭痛を改善!

漢方生薬研究健胃剤イツラックでつらい胃痛や胃炎の悩みを改善

これらの病気に効果のある薬といいますか『漢方薬』って結構効果的なんです。

ただ漢方薬について間違った知識をもっている人も多くいらっしゃいます。

漢方薬の種類で効果は変わる

たとえば、漢方薬はじわじわとゆっくりと効いてくるから”飲み続けなければ意味がない”という印象を持っている方もいらっしゃいます。

確かに100%間違ったことではありませんが、漢方薬には、即効漢方とじっくり漢方といったものがあります。

つまり、即効漢方なら飲み続ける必要はありません。
風邪のときに飲むような『葛根湯』なんかはその代表的なものにあたりますね。

もちろん、飲み続けて効果を発揮する漢方薬もありますが全てがそうではないということをしっかりと覚えておくことが大切です。

また漢方薬の飲み方も、葛根湯などは冷たい水で飲むよりも暖かい白湯で飲むほうが効果的です。

漢方の効き方は人それぞれ

そして、どれくらいで効果があるのか?ということですが、漢方薬の少し難しい問題になるのですが・・・漢方薬は人それぞれ体質に合う、つまり相性の良い漢方薬というものが存在します。

ですから『あなた〇〇分で必ず治ります』であるとか『〇ヶ月継続して飲み続ければよくなります』というのは決め付けられない。というのが正直なところです。

これは漢方薬だけに当てはまることではありません。
そのほか薬なども同様のことが言えます。

だから、病院では薬剤師さんがそれぞれその人に合った薬をち調合してくるわけです。

しかし、それも統計学に過ぎず、100%相性が良いのか?と問いただされると言い切れないのが正直なところです。

ただ、漢方薬には、即効漢方とじっくり漢方といったものがあるということは覚えておきましょう。

ですから現在、飲んでいる漢方薬が”飲み続けているうちに効果を発揮するものなのかorそうでないものなか”を知っておかなければ効果のないものをいつまでも飲んでいるということになりかねません。

偏頭痛で悩んでいるなら是非一度ズキラックをお試し下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加