【東京港区】男性弁護士の下腹部を切り取りトイレへ流す/殺人未遂の疑いで小番一騎逮捕

日時:2015年8月13日/午前7時半過ぎ
場所:東京都港区/虎ノ門ビル

虎ノ門ビル4階にある弁護士事務所の弁護士の男性が下腹部(股間/局部?)を枝切りバサミで切り取られるという事件が発生した。

切り取った下腹部はトイレに流したとのこと。

男性の下腹部を切り取ったとして逮捕されたの小番一騎(こつがいいっき)容疑者=東京都中野区在住/大学院生。

小番容疑者の20代の妻がこの弁護士事務所に勤めていたという。
男女間のトラブル(不倫関係?)が原因とみられており、現在警察では殺人未遂容疑で追求して捜査を進めている。

その後、男性弁護士は病院へ搬送され、
さいわい命に別状はないとのこと。

ネットの反応

この異常な事件にたいしてインターネット上では大変な話題となっている。
ツイッターのトレンドでは”下腹部”がランクインしており、それを見たユーザー達は、

”下腹部ってあれだよね?”
”いやいやはっきり言ったら・・・遠回しが逆にちょっと・・・”

みたいな声が多数見られる。

またやはり原因は不倫問題か?などの憶測も飛び交っている。

しかし・・・下腹部を枝きりバサミで切り取るとはかなり異常な行動だ。
また下腹部を切る前には小番容疑者は弁護士を殴り倒していたという。

小番容疑者

小番容疑者はボクシング経験者でもあったとのこと。

ツイッター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加