【福岡県飯塚市で飲酒運転で暴走】5人にけが、会社員・宮地孝臣容疑者を逮捕

《福岡県飯塚市・飲酒運転で暴走・5人にけがをさせる・会社員の男(宮地孝臣容疑者(29))逮捕

2015年5月9日、福岡県飯塚市を猛スピードで走行する車が、
前を走行中の車や客待ちのタクシーに次々に衝突、追突を繰り返した。

その瞬間を捉えたドライブレコーダーの映像では、
衝突されたタクシーが後方に弾き飛ばされているのが確認されている。

客待ちをしていたタクシーの運転手は、
「一番前の(タクシーの)運転手は助手席側に倒れ込んでいた」
などと話している。

この飲酒運転により暴走した車により、車4台が巻き込まれ、5人が負傷した。
原因は暴走を起こした車の運転手の酒気帯び運転だったという。

衝突・追突事故を起こし、暴走した車のフロント部分は完全に大破しており、事故の衝撃の大きさが伺えるくらいとのこと。

宮地容疑者は、暴走する手前の1キロほど離れた場所で、警察(パトカー)から停止を求められており、
それがきっかけとなり逃走中だったという。

宮地容疑者は、警察の取り調べに対し、
「缶チューハイを3本飲んだ」
などと供述しており、容疑を認めているとのこと。

飲酒運転で逃走し次々衝突、容疑の男逮捕

ツイッター

飲酒運転で暴走、警察に停車を求められ逃走

飲酒運転の恐ろしさを本当に理解しなければならない。

今回は死者は出ていないが、飲酒運転で死者が出るということは多々あることとなる。
そのくらい、重要でありバカらしいことだろう。

飲酒運転により、被害を受け、亡くなった人間や亡くなった家族の方々は悔やんでも悔やみきれない・・・

ほか交通事故関連記事はこちら
茨城県鉾田市舟木の県道で自転車に乗った女性を佐藤工容疑者が軽自動車でひき逃げ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加