9日夜のJR京浜東北線の遅れは自宅アパート”放火”による影響/菅野正彦を逮捕

◆2015年8月10日/発表◆

日時:8月9日/午後7時ごろ

9日、JR京浜東北線に遅れが生じ、約3万人の乗客に影響が出たことについて、
東京・大田区の民家住宅の火事で放火の疑いがもたれているという。

放火はこの住宅に住む菅野正彦容疑者(41)=会社員が自らでおこなったようだ。

警察の取調べにたいして、菅野容疑者は、

”ティッシュに火をつけた”
”死にたくなった”

などと話しており容疑を認めている。

自宅アパートは半焼しており、菅野容疑者は軽傷を負って、病院へ搬送されているとのこと。

菅野容疑者は現住建造物等放火の疑いで逮捕され、
現在、警察は動機やいきさつなど追求して調べを進めていく方針。

この放火/火事の影響により、JR京浜東北線は約1時間半ほどの遅れが出た。

ツイッター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加