北海道小樽市”介護疲れの果て”長男の妻が母親(山根久子さん)を刃物で腹を刺す

日時:2015年8月7日/午前8時過ぎ
場所:北海道小樽市入船3丁目

長男夫婦と同居する87歳の女性(山根久子さん(87))が、
腹など数箇所を刺され死亡したとのこと。

久子さんは病院へ搬送されたが死亡が確認されたという。

長男の妻(61)が自分が刺した「母親の介護に疲れた」と供述しているという。
警察は容疑が固まり次第、逮捕する方針。

自宅からは凶器とみられる血の付いた刃物が見つかっている。

発見/通報は、
長男により「妻が母親を刺したようだ」と通報があったとのこと。

ツイッター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加