福井県で女性会社員が金融機関で現金を引き出した直後に車に連れ込み、刃物を突きつけ、現金約40万円奪った疑い野島渉容疑者を逮捕

【2015年5月16日】
《福井県警福井署は、40代の女性会社員が金融機関で現金を引き出した直後に車に連れ込み、
刃物のようなものを突きつけ「殺すぞ」などと脅し、現金約40万円を奪ったとして、営利目的誘拐と強盗の容疑で、住所不定=職業不詳の野島渉容疑者(38)を逮捕》

《容疑内容・詳細・2015年4月15日・午前9時15分~30分ごろのこと》

福井市米松の路上で、40代の女性会社員に、
「会社に税務署が入ったので、事務所に戻らず私と打ち合わせをしましょう」
と告げて乗用車に連れ込んだという。

野島渉容疑者は以前に、脅した女性会社員と同じ会社で勤務していた。
幸い脅された女性会社員にけがはなかった。

警察の調べに対して、野島容疑者は、
「この会社を狙っていた」
「金が欲しくてやった」
などと供述しており、容疑を認めているという。

警察は、当時の詳しい状況や犯行の経緯などについて追求して調査を進める方針とのこと。

福井の強盗で男逮捕

逮捕されたのは、北海道赤平市出身で住居不定、職業不詳の野島渉容疑者(38)です。
警察は、周辺の聞き込みや防犯カメラの映像などから野島容疑者の犯行の疑いが強まりきょう午後、住み込みで働いていたとみられる長野県で逮捕。
警察によりますと野島容疑者は11年前まで女性と同じ会社に勤めていましたが2人に面識はなく、女性が会社を出て信用金庫に入るのを確認し、その会社でしか通用しない言葉などを使って会社の関係者だと信じ込ませていたということです。

引用:NHK NEWS WEB

現場周辺地図(福井市米松)

預金引き出しの女性狙った強盗男を逮捕(福井県)

先月15日、福井市内で預金を引き出したばかりの女性が車で連れ回され、現金40万円を奪われた事件で、北海道生まれの38歳の男が逮捕されました。
誘拐と強盗の疑いで逮捕されたのは、北海道生まれの無職・野島渉容疑者38歳です。
野島容疑者は、近くの信用金庫で預金を下ろしたばかりの女性に声をかけ「今あなたの会社に税務調査が入っているので打ち合わせがしたい」などと言葉巧みに車に連れ込んで犯行に及んだもので、きょう昼過ぎに逃亡先の長野県内で逮捕されました。

引用:日テレNEWS24

ツイッター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加