静岡県西伊豆町一色の川岸斜面に設置された電気柵に触り感電、男女6人が病院へ搬送される

日時:19日/午後4時半ごろ
場所:静岡県西伊豆町一色《川岸の斜面》
(伊豆箱根鉄道修善寺駅から南西約25キロの山間部)

-野生の鹿などから花壇を守る電気柵に触れ感電、
子供2人と大人4人の男女計6人が病院へ搬送-

下田署の発表など

電気柵はアジサイなどの花を野生の動物(シカなど)から守るために張られていたとのこと。
電気柵には100ボルト程度の電気が流れており、川岸の斜面に設置されていた。
(柵の高さは約1メートル程度)

2組の家族が川へ遊びに来ており、
初めに3人が電気柵へ触れ、悲鳴を聞いた3人が駆けつけ、柵に触れたという。

6人は病院へ搬送されたが、そのうちの2人が意識不明の重体。
その後の報告などはないため、容態などは不明。

※追記
大人と子供を合わせて計7人が感電したとのこと。
さらに意識不明で病院へ搬送された2人が死亡したという。(いずれも40代の男性)

ツイッター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加