泥酔した女子大生を車に監禁、わいせつ行為に及ぶ、大阪市生野区の介護福祉士を逮捕

◆2015年7月15日/大阪府警布施署・発表◆

-泥酔した女子大生を車に監禁、わいせつ行為に及ぶ-
わいせつ目的略取や準強制わいせつ容疑などで大阪市生野区の介護福祉士(44)を容疑者として逮捕

警察の取調べに対して、容疑をほぼ認めているが、一部行為を否定しているという。

逮捕容疑・詳細など

日時:平成27年3月15日・午前4時25分ごろ
場所:東大阪市内のコンビニのトイレ~車内

コンビニのトイレにいた20代の女子大生を店外に連れ出し、約30分後に解放するまで、乗用車に乗せ、体を触るなどのわいせつな行為をしたとしている。

2人に面識はないとのこと。

容疑者は女子大生を車に乗せて現場を離れ、
車内でわいせつな行為をしたが30分後に「ここで降ろして」といわれて女子大生を解放。

女子大生はその後そのまま近くの交番に被害を申告。
コンビニの防犯カメラの映像に容疑者の車が写っていたことから関与が浮上。

ツイッター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加