【300~400人の負傷者】中国・天津で爆発火災/原因は倉庫に保管の爆発物に引火

日時:2015年8月12日/深夜
場所:中国北部/港湾都市天津

12日深夜、中国で天津の倉庫で爆発火災が起きた。
原因は倉庫に保管されていた爆発物に引火したとのこと。

この爆発/火災・火事の影響で、少なくとも17人が死亡、約300~400人が負傷を負ったという。
また、火災に駆けつけた消防の中にも2名が行方不明になっている。

かなり大規模な爆発/火災で、空には黒煙と火の玉が上がっており、爆発も確認できたもので2回はあったとのこと。

爆発の衝撃は数キロメートル先でも感じ取れるほどだったようだ。

ネットの反応

ネット上でもこの中国の爆発事件については大きな話題となっている。

”死者17人じゃすまないだろ?”
”映像で見たら爆発ってレベルじゃない”

など多数の声が挙がっており、先ほど速報でも死者の数は増えており、
おそらく今後も増えていくと予想される。

『世紀末レベルの爆発』という意見もあり、
爆発を見る限り、辺り一面がなにがなにやら分からなくなっている状況だ。

ツイッター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加