《千葉県館山市正木の養鶏場「横山農場」から出火》ブロイラー約6000羽が焼け死ぬ

【2015年5月11日の午後7時10分頃】

千葉県館山市正木の養鶏場「横山農場」から出火が起きた。

いずれも平屋の木造鶏舎、鉄骨ボイラー小屋兼鶏ふん置き場、木造事務所の計約440平方メートルが全焼した。
さらに、飼育していたブロイラー約6000羽焼死したとのこと。

この火事により、幸いけが人は出なかったとのこと。
現在、館山署が今回の出火についての、原因の調査を進めているとのこと。

発表によると、
7棟の鶏舎で計約5万8500羽を飼育しており、同日午前10時半以降は、無人だったという。
養鶏場「横山農場」は、山間部にある。

火事を見つけた目撃者から、
「山の中に火が見えた」
と119番通報があったという。

現場周辺

鎮火報告あり

養鶏所「横山農場」全焼について

何が原因での出火となったのが不明であり、
ブロイラーが6000羽焼死したのは遺憾だが、この出火により、けが人が出なかったこと幸いだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加